日本語教育機関は、設置形態、規模等さまざま。充実した留学の第一歩は、自分に合った、良質の日本語教育機関を選ぶことにあります。日本語教育機関選びのポイントは、以下のとおりです。

日语教育机构,其设置形式,规模各有差别。充实的留学第一步就在于选择符合自己的,优质的日语教育机构。那么,选择日本语言学校的要点是什么呢?

1.どこの国からの学生を多く受け入れているか

第一:招收哪个国家的学生多

韓国からの学生が主となっている学、中国からの学生が主となっている学、その他、非漢字圏からの学生も多く受け入れている学校等、学校により受け入れ学生に特色があります。

语言学校招收学生国籍不同,特点不同。有以招韩国留学生为主的学校,也有以中国留学生为主的学校,还有学校倾向于招收非汉语圈的学生。

2.進学実績

第二:升学实际成绩

日本語教育機関で学んだあと、大学等に進学を希望するのであれば、自分が目指す進学先に進学実績のあるような学校を選ぶのが望ましいでしょう。

如果你是希望在语言学校学习后,继续进入大学等深造的话,那么最好是选择有学生真实考上自己志愿校的教育机构。

3.定員充足率

第三:定员充足率(即实际入学者人数占学校招生计划的比例)

定員充足率が著しく低い学校については、要注意。過去に不法残留者等が多数発生したなど学生の在籍管理に問題があり、入国管理局による在留資格認定証明書等の審査において、厳しい審査を受けている可能性があります。

对于定员充足率特别低的学校,一定要谨慎!因为这样的学校可能会在过去有很多非法在留学生的在籍管理上存在问题。也可能会让你在由入境管理局进行的在留资格认定证明书的审查中受到更为严格的审查。

4.所在地(東京近辺、大阪近辺の大都市か、地方都市か)

第四:学校所在地(是在东京附近,大阪附近的大城市,还是在地方城市)

大都市は、生活費が高いというデメリットがありますが、アルバイト先が見つけやすい等のメリットがあります。地方都市は、寮を完備している学校も多く、宿舎費などの生活費が大都市に比較すると安い等のメリットがあります。どちらが自分に合っているかをよく考えてください。

大城市虽然有生活费高等不利之处,但也有更容易打工的优势。地方城市相对大都市来说,宿舍齐全的学校更多,住宿费等生活开销也更便宜。所以应该认真考虑哪种更适合自己。

5.コースの内容

第五:课程内容

自分の目的にあったコースか、一般コース、進学コースか、入学の時期、学習期間はどうか、 をよく確認してください。

是符合自己愿望的的课程,还是常规性课程、升学课程,入学时间,学习期限又是怎样?都需要好好确认才行。

声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

相关推荐:

你想知道的都有:常见语言学校Q&A

日本语言学校DIY申请流程